« B型の話 | トップページ | やっと・・・再会できた 話 »

キャッチの話

ウィンドーショッピングやら、1人でフラフラ徘徊してたら
突然、謎の爽やか系お兄さんに声をかけられた。
いわゆる キャッチ ってヤツですね。

勿論、普段は見向きもしません。捕まったら自分の時間が減るしw だから、無視して早歩きで回避します。
でも今日は、急いでるわけでもなかったので、めんどいけどちょっと足を止めてみた。
瞬間、心中は冷酷モードにスイッチ切り替わって、顔で笑って心で無表情でしたが(酷)

まぁ・・・基本めんどくさがりな私が、こんな気まぐれを発動させたワケは


キャッチの人達のトーク力を見てみたい  と、思ったから、ですな。


内容は、メイクとかエステとか、そんな話。
勿論、いきなり本題を投げてくるはずはない。
まずは、私から情報を引き出そうと
出身地とか、仕事何やってるか とか、今日は何処に行って来たのとか
そういう話から始まり
で、徐々に、アイシャドウの色とか、ファンデの話とか、美容系に流れていく。
しかし、がっつり本題ばっかりになって警戒心を抱かせないように
必ず途中で、余談的なモノを入れてくる。
こっちを笑わせて、引き気味のテンションを上げさせよう・・・てな意図もあるのだろう。
テンション上がると、ノリで一気に流れるコトもあるからねーw
しかし、あんまりにも回りくどすぎて、何度 「で、本題は?」 って、突然の真顔で切り出してやろうかと思ったコトか。
でも、今日は我慢したw


正直、彼らは偉い というか すごい と思う。
彼らだって、100%好きでキャッチをやってるはずはない。
初対面の人にいきなり声をかける・・・って、すごい精神力と勇気がいる。(まぁ、持ちかける内容によるが>精神力・勇気)
そして、ほぼ絶対に嫌な顔されるって分かっているけど、やらなきゃいけない。
相手が、今日の私みたく苦笑の連発でも、自分は明るい笑顔を絶やす事は許されない。
できるだけ短時間で、どれだけ相手の心を解いて自分に傾けるかが勝負。

実際、相手は、空気を和ませようと
私の出身地ネタを、知識浅いなりに、知ってる単語をてきとーに羅列してきた。
私を笑わせようと必死なのが何となーくわかったので、笑ってあげました(うわっ
で、半分ノリ気になった素振を見せて、最後、笑顔をデリート(謎)して、あっさりきっぱり断りました。
そんな私、自分が酷すぎると自覚してます、はい(汗)




・・・・・・ほんと酷いなー。ごめんなさい>お兄さん
(ここまでの一連の流れを再確認し、反省)




まぁ、収穫は意外と大きかった。
細かい事も色々あったが、強く感じたのは

・人のテンションを上げさせるためには、自分は、数倍テンション上げなきゃならない。
(しかし、それでも不発に終わる事もある)

・笑顔キープは、簡単なようで結構難しい。精神力いるぞ。

・テンションキープも難しい。


こんなところだろうか。
再認識系ばっかだな。でも、頭でわかってるだけじゃダメだ。実感する事が大事。
あとは、我が身を以って体験すると、もっと身に染みる。


私が目指しているものは、沢山の(しかも初対面の)人に自分を魅せていく・・・てなモノで
ここ最近は、客観性が酷く欠けていたので、大袈裟だが鏡を見せられた様な気になった。

たまには面白いなー♪(ぇえ
相手は必死なのに、完璧冷やかし・・・・・・(最低w)


追伸

回避した後、結局、心の半分で
「あー・・・15分無駄になったわー」 て思う自分がいた(苦笑)

|

« B型の話 | トップページ | やっと・・・再会できた 話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148003/4069730

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチの話:

« B型の話 | トップページ | やっと・・・再会できた 話 »