« 舞台を観てきた話 | トップページ | ラーメンの話 »

ちゃんと向き合った話

『自分らしさ』 ってなんなんだろう・・・。
『私の個性』 ってなんなんだろう・・・。
それを見つけて、常に表に出すにはどうしたらいいんだろう・・・。


今日、自分の中に潜む弱さ・卑怯さと対峙した。


第一印象で言われる事と、実際の性格は結構違う。
素の自分は嫌いじゃない (ナルシーではない)
普段、他人の目を気にしたり、どう見られているかなんて気にする方ではない。
でも、印象を全部崩すのは怖くて、どうしても保守に走る自分がいる。
「どうして壊すのが怖いの?」 そう問われた。
別に 「かわいこぶろう、女の子らしくしよう」 ってな意識はほとんど無いが
素の自分だと、ガサツで変に大袈裟(?)なトコがあって、女らしさがあんまり無くて
素だと他人に好印象を与えられないんじゃないかって
危惧してる気持ちが少なからずあるから。
印象通りに振舞っていた方が、世の中を渡っていきやすいと
心のどこかで思ってるから。

そんな回答が、自分の口から出て


あ、結局、他人の目を気にしているな。
まだ 「ええかっこしー」 な自分がいるな。
ギャップある人は大好きで好感を持つのに、自分のギャップは自分自身で受け入れられていないな。


改めてそのコトに気付いた。 認めた。


そのやり方で得した事もある。でも、今は明らかに損してる事の方が多い。
てか、そんなやり方では、結局上手く渡っていけるはずない。
少しでも 「作った自分、すました自分」 を相手に察知されたら
相手もソレと同じ姿勢で接してきて、その時点で相手と距離が出来てしまう。表面的な付き合いになる。
本当は、素の方が、余計な力が入ってなくて、楽で、沢山笑って、色んな表情してて
その時が、自分が1番生き生きしてて、きっと自分らしさが1番出ていて
絶対にいい空気を醸し出してる・・・・・・てのは分かっている。
で、その状態で他人と接していると
相手も本当に心から笑ってくれるし、本音で接してくれる。
自分が投げたボールに合わせて、相手も返してくるんだ。

その事を頭では分かっているのに、まだ保守の殻を完全に打破できていない。


人にどう思われようが、私は私。 もう逃げない。
印象とのギャップがかなりあるのであれば、それも逆手にとって
いい意味で開き直って、まんまの自分を出していこう。

|

« 舞台を観てきた話 | トップページ | ラーメンの話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148003/4526165

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんと向き合った話:

« 舞台を観てきた話 | トップページ | ラーメンの話 »