« 「おかえり」の話 | トップページ | シャンプーとリンスと湿布の話 »

梅雨の話

昨日、遂に関東地方も、今年の梅雨入りを果たしたそうで。
しかし、今朝目覚めたら快晴だった現実に、朝から笑ったw

梅雨はあまり好きじゃない。
その理由は、沖縄では梅雨に入ると
傘も全く役に立たない程、半端なく雨が降って
靴が毎日1足ずつびしょびしょに濡れていき
太陽も拝めないので、遂に乾くのが間に合わず
履いていく靴がなくなって困ってしまった・・・という
一見、小さな事件簿だが
かなりやるせない気持ちになった、という体験があるからだ。

しかし、『梅雨が嫌い』と断言しないのは
雨が降らなくなったら水がなくなって生きていけなくなってしまうので
古来から伝わる 『口は災いの元』 という有名な諺に則り
痛い目にあわないようにする為の
チキンな私の、チキン的防御である(謎
まぁ、上京してからは
この時期には、毎年綺麗な紫陽花を見かけることができて
雨にしっとりと濡れる紫陽花に気品を感じ
それからは少し梅雨が楽しめるようになった。
もともと、雨はそこまで嫌いではないし。
大降りは嫌だけど、中降り(?)程度の雨音は昔から好きだしね。

梅雨繋がりで少し『雨』の話を。
だいぶ前から、雨は『酸性雨』化してる。
小学生の頃、「酸性雨に触れたら禿げる」という噂でにぎわったが
実際のところ、どんなものか・・・。
でも、確実に、頭皮には良くないよねぇ。
頭皮は本来 『白(=健康的な状態)』 なのだけど
酸性雨に触れたら 『赤(=不健康な状態)』 になりそうなイメージ。
そしてだんだんと髪が薄れていk・・・(汗
そしたら、髪が痛んでる私には、死活問題である。
(※いや、髪がないわけじゃない!切れ毛が多いだけなんだ!!)
雨にアルカリ性物質(?)を注入して、中性化させないと!!(ぇえ

でも実際、雨事情も含め、現在の地球はどうなっているのだろう・・・。
学生時代は、環境問題の授業も専攻していたから
調べるのは茶飯事だったのに、今は無頓着になっている。
これを機に、また資料を開いてみようかなぁ。


話を戻しまして。
梅雨入りしたと言えど、今年は空梅雨の可能性大とか。
沖縄には川がなく、貯水の手段はダムだけだから
幼い頃は、空梅雨になるとよく断水したりしていたけど
ここ十数年は、沖縄は結構適度に雨が降って、当面は安心らしい。
今度は東京がやばいみたいだねぇ・・・川も干からびるくらい、潤いが足りないらしいね。
地球の状態変化の兆しなのか。
自然だけはどうにも操る事ができないから
最終的には、原点に返って祈祷師か!?(ぇえ
そんな人間の願いを、自然はつゆ知らず(自爆)

でんでん虫々蝸牛(ぇ

|

« 「おかえり」の話 | トップページ | シャンプーとリンスと湿布の話 »

「本日の楽書き♪」カテゴリの記事

コメント

>きょん

私も虫は大嫌いだよ・・・。
でも、ほんと東京は、カタツムリに限らず虫は少ない気がする。
自然が少ないからか?
ソレが理由だとしたら、何となく皮肉な話ですなぁ。

自然が多くて虫が少なかったらいいのに!!(笑)
あ、でもそれだと、自然界の弱肉強食のバランスが乱れて
人間界にも影響が出るのか・・・??
考え出したらキリがないので、しゅーりょー(笑)

投稿: みど | 2007/06/22 12:53

でんでんむしー!!
紫陽花には蝸牛がいるから嫌いです。桜と松には、毛虫がいるから嫌いです。
…なんてよく思ったものだが、確かに東京ってあんまりいない気がする。住めないのかなぁ…虫が。虫嫌いだから、ありがたいけど。

投稿: きょん | 2007/06/17 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おかえり」の話 | トップページ | シャンプーとリンスと湿布の話 »