« 視力の話 | トップページ | プレゼントの話 »

立ち止まって見る話

イベント、記念日には全く興味を持たない性分。
しかし、この時期、街を歩いていると
世間では、クリスマスやら年末やらと
忙しく日々が過ぎる中でも、街は何やら浮き足立っているようだ。
そういう風景が、イヤでも目に付く。

でもさー、私はここ数年、ほんっとうに、忙しさにかまけて
クリスマスって何? 大晦日って何? お正月って何?
という感じで

私にとって、この時期の唯一の楽しみは、毎年1/2に行われる『初売り』、すなわち『バーゲン』が最大イベントなんだよねーっ!!!ヽ(≧∇≦)ノ

という、現状である。夢も希望もない、とか突っ込み禁止。

まぁ、しかし。
忙しさを言い訳にし、周りに目をやる時間がなくなるというのは、悲しい気持ちになってしまう。
自分のことばっかにしか目を向けれないなんて、人間としての温かい気持ち(?)を失ってしまいそうだ。
そういう、謎ポリシーが発動し、気が付くと今年は珍しく
街で見かけたツリーやらイルミネーションを
そんなに大量ではないが、数枚パチリしていたので
せっかくだから、ここに掲載。
(と言っても、ちょっと前の記事から何気に投稿していたのだがw)

クリスマスまで、あと数日。
1日1枚、ツリー写真でカウントダウンしてみようかと。
ちょっと立ち止まってみるだけで、そこには普段と違う
綺麗にお化粧したストリート、街路樹が立ち並んでいて
改めて見ると、クリスマスもなかなかいいもんだ、と思い直すのだ。

でも、やはり、クリスマス空気にどっぷり浸かれないのだがな・・・いろんな意味で。


後ろにいる??
サンタさんがこの木の後ろで、かくれんぼの最中だったようだ(謎

|

« 視力の話 | トップページ | プレゼントの話 »

○○の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視力の話 | トップページ | プレゼントの話 »