« 自分の中の話 | トップページ | 長い話 »

素を出す話

『アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい
どんなに隠していても酔うと本性が表れる』


ZARDの曲の歌詞です。
(正確には 『WANDSの曲』 になるのかな?)


大学生の頃に、この曲を初めて聴いた。
当時、お酒が全くダメだった私は、この歌詞を耳にした瞬間

「何? この歌詞・・・(汗 」

これが第一印象。
その前後の歌詞と曲調は好きだったから、一時期ヘビロテしてたけど、何度聴いても、この部分の歌詞だけは、意味も前後関係も全く理解できなくて、最終的に、この曲はメロディーで楽しんでいた。
しかしお酒が飲める現在、歌詞の意味が


よーーーーーーーーーーーーーーーーく理解(わか)ります。


お酒は好きです。
しかし、アルコールが入ると
毎回つい調子に乗って体調管理が無計画になり
声量が普段の1.5割増で饒舌になり
無駄に笑って喉を酷使してしまうので
いつも翌日は喉が枯れ気味になり泣きそうになる。
先月上旬に少々?やらかしてしまい
その上乾燥も手伝って、完治までかなりの時間を要したので
反省し、「当分禁酒しよう」と誓ったのもつかの間
昨日、アカペラメンバーと飲んだ(意志弱っっ!!)
でも、昨日は飲んでよかったんだー♪

普段、5人で沢山話せる時間がなかなかない。
でも昨日は、アルコールの力のせいか、歌詞通りお互い本性を表して、かなり濃い話ができ、私は本当に楽しかったし、お互いのことも自分のことも新たな発見があって、すごく嬉しかった。

個人的に、『本性』って単語を聞くと
裏表ある人の、悪の部分だけを指してる・・・って感じてしまう。
だけど、そうじゃない。
良いも悪いも含め、その人の『本質(素)』が『本性』。
辞書にもそう記載あるしね。

『素』を出すって、一見簡単そうですごく難しいことだと思う。
素は、すっぴんの、無防備な状態だから、色々アラが見えたりするから。(特に女性は、すっぴんを披露する抵抗感は分かるのでは?w)
大半の人は、他人の前では「自分を良く見せたい」という思いが発動し、つい気取って、自分の良い所だけを出そうとするんじゃないかと思う。
実際、私もそうだ。
しかし、それは決して悪いことではないし、結果的に相手への気遣いに繋がることだし、個人の魅力の1つだと思う。
でも、気取ってない状態、素も、魅力あるよ。
時には、素の方が一番光っている状態かもしれない。
(※ほら、FFだって、何だかんだて『すっぴん=最強』でしょ?w)(何

20年ほど生きていたら
自分の長所・短所、性格のクセはある程度把握してるだろう。
それを全てオープンにして、ありのままの自分で接してくれたりすると
その人の全部を、素直に何の抵抗もなく受け入れられる。
逆もまた然り。(少なくとも、私の経験上の意見ですが)
自分のコンプレックスだったり、弱点があったとしても
それは他人から見ると、実はその人自身の持ち味になってるかもしれないし、その弱さを他人に見せることができる人は、凄く勇気のある強い人で、そんな彼・彼女が、更に好きになるのです。
だから、メンバーの1人が言った
「綺麗事を言うつもりはありませんよっ!!」
って言葉が、嬉しかった。

まぁ、そんな関係になるには時間も必要だけど
私は出来るだけ、誰に対してもいつでも
素の自分で接していきたいなーと思うわけです
(勿論、素面の状態でねっ!!w)
まだまだ気取っちゃう傾向はあるけど
飾るのが下手っぴでめんどくなって、どーせすぐバレるからさー。
自分、不器用ですから(笑


長くなりましたが、最後にもうちょっとだけ。

最近、ちょっとだけ疲れ憑かれた感覚(謎)に陥り
すぐボーってなったり風邪引きそうになったり
久々に難儀病(謎)が発動したりしてましたが
一度少し深い真面目話をしてみたかった、爽やか青年(笑)M村氏と話ができたり、昨日のこともあったりと、何やかんやでみんなからパワー貰って元気になってきました。
ありがとう。大感謝です。

やっぱり私は、人間と接し、喋ってないとダメになる(笑
へこたれそうになると、毎回運良く、そんな機会が巡ってくる。
私専属の神様という生き物がいるとしたら、彼(←何となく男性なイメージ)は、いつもいつも、アメとムチを絶妙なタイミングで使ってくる。
おかげさまで、近年、どん底状態は回避してますが、今は

『 アメ : ムチ = 3 : 7 』

っぽい気がするんで、アメちゃんをもう少し増やして欲しい・・・。
でも、私の努力が足りないってことかー。きっと
『 努力量 = アメちゃん数 』
だろうからなぁ。 あー、がーんばろっ!!

|

« 自分の中の話 | トップページ | 長い話 »

○○の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の中の話 | トップページ | 長い話 »