« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

伝えることの難しさ・・・の話

以前にも同じようなことを書いた気もするが、改めて。
コミュニケーションって本当に難しい。

自分の思いを言葉で伝えることもあれば、態度で伝えることもある。
自分が発信してるつもりでも、実際に、自分の出しているものが
果たしてどれくらい相手に伝わっているのだろう?

まず、自分は自分の気持ちをちゃんと理解できているのだろうか?
断片的には分かってて、分かってる部分を繋ぎ合わせると
きっと、自分を、やっと半分理解できてる方なんだと思う。
自分で自分を理解していないのに、相手に伝わるわけもない。
だけど、なんだか上手く言葉にできないけど
心の中にモヤーっとしたものがあって、ソレを相手に伝えたい衝動が先走って、だから考えるより前に言葉を発するけどでも上手く言葉にならなくて、言葉に詰まったり意味不明になってしまう。
それで、更なる誤解に繋がることもあるだろう。
本当は、そこでちゃんと自分の気持ちを言えなきゃいけないのは分かってるけど、私は・・・申し訳ないけど、そんな器用人間じゃない。
『自分の気持ちを相手に100%伝えるのは相当難しい』
って改めて気付く。
もしかしたら、100%完璧に伝えられるのって
一生で1回あったら素晴らしいのでは・・・と思うほどだ。

自分がどうしたいのか?
単純に答えることはできる。
でも、大人になっていくにつれ
その単純明快な答えだけじゃダメなんだと思う。
いつも問われた時には回答がポーンって出てこないで
時間経過するにつれ、気持ちの整理ができてるのか何なのか知らないけど、後になって纏まってソコで 「自分の一番言いたかったことと、そう思うに至った理由が何なのか」 って事に気付いてしまう。
それじゃ、手遅れなんだ・・・。
分かってるけど、相変わらず私は遅い。歯がゆい。
そして、泣いたことも沢山ある。けど、未だ改善されず・・・。
改善策も分かるような気がするけど、でも分からない・・・。


『やる気』 と 『情熱』 は違う。らしい。
少なくとも私は、今まではこの2つを同一視してた。
『情熱』 が 『やる気』 の原動力だと思っていたからだ。
情熱が強ければ強いほど、やる気で見えてくるものだと思っていた。
確かにソレも一理あるだろう。
しかし、人によっては別の違うカタチで情熱を求め、感じる人もいる。
恥ずかしながら、そのことを初めて知った。
大好きだからこそ、コダワリがあって、譲れない部分が出てきて
勿論、皆の中に 「好き」 って気持ちはあるんだけど
その人なりに「好き」の温度が違うから、その温度差で食い違いやすれ違いがでてきちゃうんだろうな。
悪いことだとは思わない、純粋に「好き」だから生じた結果なわけで、それで衝突が起きても誰も悪くないんだ。
でも、やっぱ自分の「好き」という気持ちが『情熱』というカタチで相手に伝わらなかったら、残念になる。だって、相手の「好き」には及ばないかもしれないけど、私だって「好き」なんだから。
だから、どうにかして相手に伝えたいなーって欲してあがくんだ。


言葉を扱えるせいで、人間は気持ちを伝えたい衝動に駆られ
考えるよりも先に、言葉で気持ちを吐き出す。
それは人間の特権、きっと素敵なこと。
私は全然上手く扱えていないけど、でも言葉がなかったらすごく悲しくなってしまうと思うんだ。

恩師が言っていた。

考えながら物事をしゃべっている人なんて殆どいない。
大抵の人は、今の気持ちをチグハグでも素直に1つ1つ吐き出す。
その時のほうが、「伝えたい」って気持ちが一番強く出ていて
何も飾ってない素直な姿が見えて
聞き手も、「しっかり聞こう」 という気になる・・・・・・と。

分かる。必死で伝えようとしてる人は
喋ってることに脈絡がなくても、言わんとしてることは伝わってくる。

それでいいのかな?
そしたら、私の言葉は常に支離滅裂になっちゃいそうだけど
恐れて言葉を飲み込むよりは、そっちの方向に傾いて
相手に甘えていいのかな?
どうも相手に甘えるのが苦手な性分で
すぐに変えることは出来ない気がするけど
私が逆の立場だったら、相手が何も言わなかったら悲しくなっちゃうし、頑張って話そうとしてる姿をみると、相手の話をしっかり受け止めようと努力すると思うから、ちょっとずつちょっとずつ寄りかかっていって、いつか遠慮なくいつものサバサバ(?)した自分でコミュニケーションを図れるようになりたい。

コミュニケーションは、永遠の課題だろう。
またいつか、絶対に凹むことはあると思う。
人間で生きてる以上、それも仕方ないのかな? と思う。
でも、そう悩めることも、多分素敵なこと。人間の特権。
悩んで解決策を出せた時、人はまた前に進むことができて
相手とも、距離をより近づけることができて
いい人間関係を築くことができる。
時には言葉で傷付けることもあるかもしれないが
言葉で相手を癒し、壊れた関係を修復することもできる。

だから、恐れずに、そしてもっと相手を信じて寄りかかって
沢山沢山コミュニケーションしていこう。

| | コメント (0)

血の気が引いた話

最近、謎の咳に犯されている。
風邪ではない、と自分に言い聞かせている昨今。


さて。話題はガラリと一変。約1年前から
ある時は移動のお供に、またまたある時は録音の強力な味方に
雨の日も風の日も、文句1つ言わず私と共に歩んできた
私の耳を、そして精神を豊かにしてくれる相方がいる。
音楽 ・ 録音 ・ 練習生活において欠かせない
『alneo XA-C210』 だ。
いつもポケットに入れて、どこ行くにも一緒。
私の好きな、幅広いジャンルの音楽やら音声を100曲以上詰め込んでいる、大変有能な選手だ。

最近、その彼の内面に変化が表れ始めた。
以前の中身は、曲のジャンルは違えど、内部全体を 『J-pop』 という1つの大きなくくりで纏められた。
しかし・・・ここ数週間で、体質変化がおこったようだ。
まぁ、なんて言うか原因は、某所の患者になった私なのだがw
中毒性のある音楽?を一心不乱に取り込んでいた。
そして気が付いたら、そっち系の音楽が50%占めているという

要するに、XA-C210内  カ  オ  ス

その状態は、真っ当な道を歩んでいる方々から見ると
悪性ウィルスに犯された、といっても過言じゃないはず。
しかし、私は、反省も後悔もしていない(爆)
ただ、電車内ではやはり自重心が勝り、音量は小さくしてる。
いや、音漏れはマナー違反じゃん!!??そう、決して、聴いてる曲がばれるのが怖いわけじゃないんだぜ!!!!!(焦)


まぁ・・・そんな、数週間で一気に爆弾に変わった彼を連れて
今日も、大好きな曲を聴きつつ軽い足取りで仕事場に向かった。
仕事中は勿論聴けないので
カバンの中に仕舞い、ロッカーに鍵をかけて仕事へ。

仕事終了後。
早く帰宅したい一心で、急いでロッカーを開け、カバンを取り、すぐさまエレベーターへ向かう。
エレベーター内で、早速、彼に仕事をしてもらうべく取り出す。



あれ・・・・・・??



ない。



!!!!!!!!





ちょ、ま、何の冗談!!??
ポケットか!?
いや、実はカバンに入れずにポケットにいれっぱだったのか!!??
両ポケットを念入りにチェックするも、ない。
ええええぇぇぇぇぇぇええええええ!!!!!!


1階まで降りたのに、すぐさまリターン。
上昇するエレベーターの中で、私は気分悪さが上昇。
え・・・これ、本当に無くなってたら、また○万円出して買わなきゃいけない??てか、買いなおしも痛いけど、もっとヤバイのは
中身(曲一覧)を誰かに見られたらどうしよう!!!???
しかも、既に手遅れでリーダーとかに拾われていたら、落し物連絡で掲示板で全員に飛ばされて、持ち主を特定する為に、中身(○○の曲が入ってます等)も皆にお披露目される運命になる・・・どうする?そしたら、私はもうこの会社に居られnaiio;w3r8 toawlfm(壊)

そんなこんな考えているうちに、所属フロアに到着。
すぐさま、ロッカールームに向かい
今日使ったロッカー内を隅々まで確認。


ない。


・・・・・・ダメだ・・・。もう、私の人生終わったな。

泣きそうになりながら、最後の望みをカバンの中に託す。
カバンの中を全部出し、(少々散らかったが、もうそんなの関係ない) 「お願いだから出てきて・・・!!」の一心で、彼を探す。すると


あ  っ  た ー !!!!! _/\〇_ ε=\_〇ノ イヤッホーゥ


カバンの内ポケットに、変な風にして入ってたもんだから
ちゃんと見ないと発見できなかった模様。
その瞬間、脱力。冗談抜きで全身の力が全部抜けた。
そして、背筋を、熱いものだかゾッとするものだかが走り抜けた。
久々にこんな感覚を味わった。

コレに懲りて、今後、彼をカバンの中に仕舞う時は分かりやすいところに、また、使用しないときはポケットではなく、これまた必ずカバンの分かりやすいところにきちんと仕舞う、と固く心に誓ったのだ。

| | コメント (0)

想定の結果・・・の話

人間は、辛い時ほど笑う生き物。


誰かがそう言った。恩師だったかもしれない。
誰が言ったかは、今はさほど重要ではない。


日常こそ、人は演技をしている。相手を傷付けないように。


本当にそうだな、と常日頃実感してるけど
先日。実感じゃない、『痛感』した。



私の性分の1つに
『何かをする時に、一番最悪な状況を事前にシュミレーションする』
という部分がある。
事前にこの予防線を張っておけば
本当にその想像が現実になった時に
無防備に何も構えていない状態より
食らうダメージが軽減する、と思い込んでいるからだ。

「人生約80年として、私は、やっと四半世紀を生き抜いてきた」
といったところだが
この性分が役に立ったことは、さほどない。
なぜなら、その『一番最悪な状況』に陥ることが殆ど無かったからだ。

そう、『殆ど』

ということは、実際に陥ったことも何度かある、ということになる。
でも、それは運良く、片手で収まる程度。
じゃあ、陥った時、ダメージ軽減になっていたか?


即答する。なっていない。


常に想像はしている。でも、心のどこかで無意識に
「まさかこうはなるまい」と否定の気持ちがあるから
結局、お気楽に構えているのだ。
そして、実際、現実になった時
想像していただけに、その『事実』はある程度受け止められるのだが
『事実』に対する感情は、曖昧にしか想像出来ていない為
突然突きつけられた現実に
自分の素直な感情 ・ 言葉を失ってしまう。
ただ、『今が最悪の状況』というのは全身で感じている為
ソレを取り繕うかのように笑って、崩れそうな自分を相手に悟られまいと、自分を必死で支えている、無意識の自分がいる。
人間というのは、やっぱりどこか優しい生き物で
相手にできるだけ気を遣わせない様
そういう風に、自身が常に気を張って、気を遣っているのだと思う。

そして一段落した後に、時差で堤防が崩れて
自分でもコントロールできないほど、色んなものが溢れ出て
ぐちゃぐちゃになる。


事前に描いていれば、常に気丈に振舞えると思っていた。
でも、結局、これまでに成功した事例は1度くらい。
あとは、全然。弱いのに強がろうとするからボロボロになる。
結果、ダメージも倍増。

それなら、もう事前に最悪な状況なんて想像しないで、直面した事実に応じて、素直に言葉を吐き出せる人間になっていいですか?
それが、例え、相手を傷付けてしまう結果になったとしても。
全く気遣いが伴わない行動になったとしても。
無意識に我慢して、その場で笑ってごまかすより
そっちのほうが、より人間らしい気がする。
でもそうすると、今度は神経も細胞も全部がフリーズして、言葉1つ吐き出せなくなりそうで、そうなるのがとても怖い。
そしたら、今度は、一緒にその場にいる相手が絶対に気を遣ってくるから申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
だから、私はやっぱり頑張ってしまうのだろう。
でもそれって、「相手の為」 と言いつつ、7割は 『自分の為』
きっと、偽善なんだろうね。
あぁ。。。矛盾だ。もうよくわからない。

嘘を交えた発言はしていないつもりだけど
大人になると、どうしてこういう能力が高まっていくのだろう。
いつ、どこで、こんな能力を覚えてきたんだろう。
こんなんだったら、大人になんかなりたくない。
年齢を重ねただけで、『大人』というくくりをしないでほしい。
私は、精神はまだ幼い子供だ。
その子供が、年齢だけは『大人』なもんだから、無理に背伸びして自分が描く『大人像』を気丈に振る舞っているだけなのだ。

だったらおびえずに、もっと自分の気持ちのままに素直に
自分の要求をぶつけてもいいんじゃないか?
無理せずに、言葉が出ないんだったら黙ってみてもいいと思うし
何か思ったのだったら、飲み込まずに吐いてもいいと思う。
そうは思うものの、けど、私には、まだソレは出来ない・・・。

そんな臆病で、卑怯な私。
そんな弱い部分ももってる、私。
遂にというか、久々に、弱点に直面する日がきたようだ。
人は、キレイな部分だけじゃない。
自分を100%愛せるのは、きっと自分だけ。
だから、ちゃんと向き合って、現状を受け入れ
直すべきところは、少しずつ直していこう。
そして、最悪な状況を想定して直面してもどうにもならないんだったら、もうそんなネガ思考は捨てて、リアルタイムで起こった事に対してその時にどう思うのか、その時々の気持ちを素直に吐き出してみようかな。

何が正解なのか、わからないけど。
というか、正解なんてないのかもしれない。
でも、思ったことを素直に言いたいから、素直になるためには余計な小細工やら前ふりはもう排除してしまおう。

| | コメント (0)

一番の特効薬 の話

体は正直だ。

年中無休で睡眠を欲している私ですが、その原因はと言うと

仕事等から帰宅 → 本当は今すぐ眠りたい → 雑務がある → 睡眠を犠牲 → 睡眠不足

というエンドレスループな悪循環を生成し
日々睡魔と戦っている。まぁ、自業自得なのですが。
それでも、それなりに生活リズムが出来上がっていて
1日をきちんと過ごせているわけですよ。

でも、今日は珍しく、20時辺りから圧倒的に眠い。
いや、正確には、目覚めた時点からなのだがw
昨夜は5時間以上は寝たのに。
夢も見る隙もないほど、全力でぐっすりだったのに。
電車内でも、職場内でも
うっかり目を閉じたら、3秒で別世界に飛べる自信があったほど。

疲れが溜まってるのだろうか・・・。
疲労回復の一番の特効薬、『睡眠』
肉体的にも精神的にも限界が来たとき
人間は、とりあえず、睡眠を強烈に欲するような気がする。
やりたい雑務もあるけど、今夜はこの殺人的な睡眠欲に素直に従い、日付が変わる前に、夢の世界へスリープすることにする(謎


久々に健全だ。おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »