« フリーダムな話 | トップページ | 出会いと別れの話 »

慰霊の日の話

今日6/23は、沖縄にとっては特別な日。
『慰霊の日』(いれいのひ)と言う、沖縄戦の終戦記念日だ。

この日は、沖縄だけ公休日になっているのだけど
過去に、「沖縄だけこんな公休日を作って、本州より1日多く休みを作って・・・廃止しなさい」
的なことを国から言われ、実際に廃止した時期もあるそうだが
県の政府やら知事が、再度復活させたらしい。
てか、そんな馬鹿馬鹿しい理由で撤廃とかありえない。
平和について改めて考えさせられる
体験してない人達でも、過去を知り・見つめて
『今』を考えさせられる、大切なきっかけとなる日なんじゃないの??
だから、この慰霊の日は、絶対に失くしちゃいけないと思うのだが。


沖縄は、地上戦となった唯一の地。
本州から切り離れている、このちっぽけな島が
それまでは、のどかにのんびりな時間が流れていた島が
武器を一切所有していなかった、この平和な島が
ある日突然、惨劇の場と化した。

私の祖父も、戦争の体験者。
幸いなことに、命を落とさなかったが
小学生の頃、祖父から戦争体験談を聞いた時には
幼いながらにも、その恐怖映像は目の前に浮かんだ。
祖父は、当時一緒に戦っていた友達が
自分のすぐ隣で殺されてしまったそうだ。
戦争中は「国の為なら、喜んで死ぬ」という考えじゃなきゃいけなくて
本当はこう思っちゃいけないんだけど
友が亡くなった瞬間、祖父は
「亡くなった友のぶんまで絶対に生き延びる」
と強く思い、終戦まで何とか堪えたそうだ。

「生きたい」 という
人間として当たり前の欲求が異常とされ許されなかったこの時代。
争いごとは、いつでも人間を狂わせる。
今ある平和は、私が生まれた頃から当たり前のように転がっていたもので、平和に対しての感謝を忘れてしまっているが、戦争の世界を想像すると、今のこの環境は本当に貴重なものなんだと実感する。
祖父は、語りながら体験したことが鮮明に蘇ってきたのだろう。
その目にはうっすら涙が浮かんでいたことを
今でもはっきりと覚えている。

こうしている今も、世界のどこかで、争いが続いている。
なんで戦争をするんだろうね。
武力行使しなきゃ、解決できないのだろうか。
でも、力で以って戦わなきゃいけない理由がそこにあるから
戦争はなくならないのだろう。
そして、その結果、全く関係ない人が被害に遭う・・・。


地球も不健康になってきた、現代。
戦争なんかしてる場合じゃない。もっと他にすることはあるのでは。


今の幸せな環境を当たり前と思わないよう
二度と、あの過ちを、これから先繰り返すことのないよう
色々な願いと思いを込めて、午後12時に黙祷を捧げた。

|

« フリーダムな話 | トップページ | 出会いと別れの話 »

○○の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリーダムな話 | トップページ | 出会いと別れの話 »