« 朝型シフトチェンジの話 | トップページ | 空を見上げての話 »

最近の日課話

朝型生活になり、仕事は9時からで
そうなると、出勤時の通勤ラッシュとの戦いを余儀無くされる。


でも、私は世界で5本の指に入る平和主義者なので(ぇ
朝の通勤ラッシュなんて戦争は、勿論避けて生きていくわけだ。
無駄な戦いに余計な首突っ込んで
朝っぱらからHP減らす行為はしたくないわけね ←
てか、通勤ラッシュなんて、ドラクエで言うところの毒沼と同じでしょ?
そこにいるだけでHPが減るアレ(ぇええ
決して、『そんなところに己を投じる勇気がないチキン』


という訳ではない。



そういうわけで、朝は各駅停車にお世話になり
目的地まで50分弱の旅を楽しむようになっている。

最初は、朝型に身体が慣れていなく、とにかく眠っていた。
おかげさまで、立ち寝をマスターした。ありがとう(ぇ


しかし、だんだん、夜に必要最低限の睡眠を確保できるように成長し
幸か不幸か、1ヶ月前くらいからは、電車で眠れなくなった。
電車のあの心地いい揺れをもっても、睡魔が降臨しないのだ。


なので、到着までの50分が非常に暇になるわけで
この50分を有意義に過ごすべく、読書習慣にすることにした。
ちょうど、一定期間に訪れる読書熱も沸点に達していたので
タイミングも良い。


そして、私はとにかく綺麗な文章に触れたい時
問答無用で、江国香織さんの小説に手を出す。
彼女の作品にハズレは無いと信じて疑わない信者なのだ(笑)

B○○K OFFに足を運び
直感で何かを感じた作品を数冊手にしお会計。
朝の電車内で、やっぱり朝なので、小説を読んでいても
まだ脳みそは7割眠っている状態なのを感じる。
それでも、江国さんの文章・言葉はスーッと身体に入ってきて
イメージしようと頑張らなくても、勝手に情景が目に浮かんでくる。
で、脳みそも徐々に目を覚ましてくれるのだ。


これぞ、贅沢な脳トレ(笑)
油断するとすぐ活字離れする私には、いい習慣なのかもしれない。





でも、先週1週間は
逆転裁判シリーズの新作『逆転検事』を買えないフラストレーションで
乗車中は常に
『逆転裁判3』をやっていたわけだが(←異議あり!!)(ぉ

|

« 朝型シフトチェンジの話 | トップページ | 空を見上げての話 »

○○の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝型シフトチェンジの話 | トップページ | 空を見上げての話 »