« いろいろ話 | トップページ | 1つ終わった話 »

オキザリにする話

もしかしたら私は
誰かに、どこかに
置き去りにされているかもしれない。



その逆もまた然りで
私が
何かを、誰かを
どこかに置き去りにしているのかもしれない。


例えそうだとしても、気が付かずに
明日も、平然とした顔で1日を過ごしていくのだろう。


そして、知らない場所で、気付いてもらえるまで
置き去りにされたもの達の哀愁が
エンドレスループ。




ループが終わる日はいつなのか




そんなの知らない。



オキザリス




なーんて、抽象的なことを
この花に出会うと、いつも、ぼんやり考えてしまう。
もー、名前が悪いんだ(笑)
でも、嫌いになれない。悔しいなぁ


HIGH and MIGHTY COLORの曲で
この花の名と同じタイトルの曲がある。


「どこに 私は 私を置いてきたんだろう」


という歌詞

歌うたび、いつも考えさせられる。


私は、やっと人生の3分の1くらいを生き抜いてきた
まだまだひよっこだけど
そんなひよっこでも分かっていることは


生きていくうえで、必ず何かを失うし、捨てる。


本音は、全部抱えて、プラスだけでいきたい。
でも、それは無理な話なんだ。
出来たとしたら、精神も感情もパンクして
脳みそも心も、ショートするに決まっている。

だから、涙を飲んで、置いてきたものも沢山あるし
知らない間に失ってて、何を失ったのか
自分でも未だ自覚してないものだって沢山あるだろう。
人間って、都合よくできているなぁ・・・


あー

無理だってわかっているけど
全てを認識できる力があればいい。
忘れるのは嫌だ。
忘れるのも、忘れられるのも、どちらも辛いこと。

忘れたほうがいい事だってあるけれど
忘れたら楽になる事だってあるけれど
でも、本当に忘れてしまったら
自分の気が付かない部分・・・例えば、精神的な部分、感情の深い部分が相当なダメージを受けてるんだろうなと思う。

でも、ダメージを受けていることは、当然自覚しない。
だって、忘れたことに対するものだから。

忘れた = 自覚がなくなる

だから、自覚ないものに対するダメージなんて
きっと気が付かないでしょ?


でも、人間って厄介な生き物で
忘れているくせに、何かのはずみで突然鮮明に思い出したり
はっきり思い出さなくても
感覚で、失ったものを感じるから
もう、自分の手を離れてしまった何かを捉えた時
懐かしさと同時に、もう(ほぼ)取り戻せないっていう
寂しさを感じてしまうんだろうなー



はー・・・いつも以上に、意味不明な内容になってしまった。
まぁ、こんな日もある。
だって、人間だもの(笑)

|

« いろいろ話 | トップページ | 1つ終わった話 »

○○の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ話 | トップページ | 1つ終わった話 »